オーバーウォッチ2:第2回PvPベータの詳細統計データ公開 / 第3回PvPベータテストの予定なし | EAA!! FPSニュース

オーバーウォッチ2:第2回PvPベータの詳細な統計データ公開 / PvPベータテスト第3回の実施予定は無し

本日、2022 年 8 月 5 日、Blizzard Entertainment はニュースページを更新しました。 記事では、発表された第2弾「Overwatch 2(オーバーウォッチ 2)」PvPベータテストで収集したデータを公開行われました。

その中で、最も詳細な説明は新しいヒーローでした。ジャンカー クイーン新しい能力のための追加のテストモイラ2人の英雄。 この記事では、内容の一部を抜粋して紹介します。

各ヒーローの PC およびコンソール別の勝率

詳細な分析に入る前に、PC とコンソールのバランスの違いに触れておきましょう。 『オーバーウォッチ』は、他のクロスプラットフォームタイトルと同様の状況にあります。 つまり、この作品を楽しむプレイヤーは、異なるプラットフォームや異なる入力システムを使用する層に分かれています。

これにより、コントローラーを使用するレイヤーと、マウスとキーボードを使用するレイヤーで戦略が異なります。 コンソールと PC では特定のヒーローの勝率に違いがありましたが、両方のプラットフォームでのベータ全体の全体的なヒーローのバランスには非常に満足しています。 ヒーロー間の勝率のばらつきは、PC よりもコンソールの方が小さい傾向にあります!

これからお見せするすべての統計は、PC とコンソールのデータから集計されていますが、まず、データが好きな方のために、PC とコンソールのそれぞれの「非対称勝率」を示します。

「非対称勝率」とは、当該ヒーローを1チームのみ使用した場合の勝率を指します。

上記の表は、ジャンカークイーン(-0.40%)が-0.30%の間にあることを示しており、一部のヒーロー(ロードホッグ、バスティオン、トービョルン、トレーサー、マーシー)は単純計算で±の誤差があるなど、若干の違和感があります。 0.10%ですが、単純な「Console-PC」の勝率差額注文ではなく、特殊な計算方法を採用している可能性があるため、公開データをそのまま使用しています。 説明済みです。

各プラットフォームの上位6勝率は以下の通り。

  • PC版
    • 1位:ジャンカークイーン(56.10%)
    • 2位:ファラ(56.00%)
    • 3 桁:シンメトラ (55.40%)
    • 4:トルビョルン (55.20%)
    • 5 桁:ブリジット (54.90%)
    • 6 ビット:5月 (54.80%)
  • CS版
    • 1人:シンメトラ (57.00%)
    • 2 桁:トルビョルン (56.50%)
    • 3位:ジャンカークイーン(55.70%)
    • 4:ブリジット (55.50%)
    • 5 桁:5月 (54.80%)
    • 6位:ルシオ(54.70%)

勝率の高いヒーローについては、現在の「オーバーウォッチ」(同じヒーロー同士で対決)での勝率と大差ありません(もちろんジャンカークイーンは除く)。

当時のメタとして過去に紹介したヒーローとは少し違うラインナップですが、今回は普段参考にしているハイエンドの対戦プレイのデータではなく、クイックプレイとレート範囲なしなのでハマると強いヒーローや対策が必要なヒーローが多いです。

新ヒーロー「ジャンカークイーン」の使用率と勝率

加重ヒーローの使用法 – オーバーウォッチ 2 ベータ ウィーク 1

この表は、各役割の均衡使用率に対する各ヒーローの使用率を示しています。 前回の統計ブログで加重使用率について詳しく説明しましたが、一言で言えば、それはある役割のすべてのヒーローから選ばれたヒーローの比率です。 『オーバーウォッチ』を席巻したジャンカークイーンの加重使用率はなんと7.5。 つまり、全戦車の平均よりも7倍以上使用されました。

ヒーローの非対称勝率 – オーバーウォッチ 2 ベータ ウィーク 1

ベータ開始時のジャンカー クイーンの強さ、非対称の勝率、および前述の高いプレイ率が示しています。 ジャンカー クイーンとソジャーンはどちらも使用率が非常に高かったのですが、ジャンカー クイーンは勝率が 50% をはるかに超えただけでなく、他のどのヒーローよりも優れていました。 このデータを見たとき、電力レベルが少し高すぎることに気付きました。

前回の「PCとコンソールでの非対称勝率」と上記のデータを見ると、ジャンカークイーン使用率と非対称勝率の両方使用率については、ニューヒーローなので数値が高いのは納得の結果ですが、勝率が高すぎる点でプレイヤーから不満な点が多く、以下の2点が多いです。 .

  1. ジャンカークイーンの外見は他のヒーローと見分けがつかず、キャラクターモデルは(他の戦車と比較して)「薄い」から当たりにくい
  2. 「コマンディング・シャウト」それに対しては強すぎる。

ジャンカー クイーンのダメージ率

戦車のステータスと平均からの偏差 % – オーバーウォッチ 2 ベータ ウィーク 1

タンクのステータスを確認すると、ジャンカー クイーンのダメージ率はドゥームフィストに次ぐ. しかし、それ以外の数値に関しては、すべての項目でドゥームフィストを上回っています。

ラインハルトやウィンストンに比べると被ダメージ量は圧倒的に少ないが、各ヒーローの理想とするプレイスタイルに左右されるため、単純な比較は難しい。 持っていないユンカークィーンがここまでダメージを抑えられるというのは、フィードバックからも予想通りで、攻撃を当てる難易度が他の戦車よりも高いであると判断できる

「コマンディングシャウト」のレシーブパフォーマンス

特定の戦車でプレイした際のヒーローの死亡率 – オーバーウォッチ 2 ベータ ウィーク 1

上記のデータは、特定のタンク ヒーローがチームにいる場合、他のヒーローが死亡しやすいことをまとめたものです。左側のヒーローは味方を死から守るのが得意です。右に行くほど実力が乏しい(別の面で活躍するのが得意な)ヒーローと言えます。

味方を直接守る防御能力を持たないレッキングボールは価値が高いが、注目すべきはジャンカークイーンの価値が「キネティックグラスプ」と「エクスペリメンタルバリア」だ。 2種類の直接防御能力を持つシグマに次ぐ。2位という点です。

ジャンカー クイーンが持つすべてのアビリティの中で、味方を保護するという点で直接機能するのは「コマンディング シャウト」 (一時的なヘルスとスピードのバフを付与する) だけなので、これもフィードバックによるものです。「コマンディングシャウト」が強すぎるあなたはそれを見ることができます。

バランス調整による各データの推移

ヒーロー非対称勝率 – オーバーウォッチ 2 ベータ版

ジャンカークイーンが登場した2回目のPvPベータテストでは、2週間後にモイラとマーシー、数日後にはジャンカークイーンを含む6人のヒーローのバランス調整が行われた。 後者のバランスの結果はどちらも意図した効果がありました。ゼニヤッタ、ユンカークィーン、ソジャーンはそれぞれ下方修正により勝率が2~3%低下していると言われています。 逆にドゥームフィスト、シンメトラ、オリサは勝率が上がっています。

ただし、モイラとマーシーの能力調整に関しては、どちらも良い結果ではありません。 「スーパージャンプ」の機能変更により、マーシーの勝率が若干変動し、モイラの勝率が若干低下。

調整がモイラに与える影響

モイラのダメージとファイナル ブロー レート – オーバーウォッチ 2 ベータ版

「ネクロティック オーブ」でアルティメットを封印する能力を得た一方で、「バイオティック オーブ」(ダメージ オーブ)を失うと、上記のダメージとトドメが発生した。ファイナルブローは10分間で5.8から4.3に減少し(約25%減少)、与ダメージは10分間平均で5950から4050に減少しました(約30%減少)。やっています。

これは、モイラの「バイオティック オーブ」(ダメージ オーブ)が、ダメージを与えるだけの能力ではなく、キルを得る上で大きな役割を果たしたことを示しています。 最近発表されたモイラの「ネクロティック オーブ」の追加と調整のリセットは、このデータとフィードバックを一緒に考慮した結果です。

3回目のPvPベータの予定はありません

今回公開されたような統計データや分析は、ヒーローのバランスを調整する上で重要な要素であると同時に、プレイヤーにとって非常に興味深いものです。

3回目のベータテストを実施する予定はありません(今後も毎日テストを続けていきます)、これも8月5日に正式に発表されました。 つまり、プレイヤーが次に『オーバーウォッチ 2』に触れる機会は、10月5日の発売時となる。

オーバーウォッチ 2 のリリース時に、ソジャーン、ジャンカー クイーン、キツネをテーマにしたサポート ヒーローが新しいヒーローとして登場します。 発売まであと2ヶ月となりましたが、新旧のヒーローがどのような性能を発揮し、どのようなゲームバランスになるのか楽しみです。

  • タイトル: オーバーウォッチ 2 (オーバーウォッチ 2)
  • 発売日:2022年10月5日
  • 対応機種:PC / Xbox Series X|S、Xbox One / PS5、PS4 / Nintendo Switch

グッドスマイルカンパニー

5,150円 (2022/07/09 14:36時点 | Amazon調べ)

\楽天ポイント最大10倍! /

楽天

ソース: オーバーウォッチ

Leave a Reply

Your email address will not be published.