サル痘ワクチンの入手可能性と有効性

医師による主な違い

の発行: 変更:

パリ (AFP) – サル痘を防ぐことが示されている天然痘ワクチンは、世界的に大きな需要があり、保健当局は、Covid パンデミックの際に見られた不平等な分布を繰り返さないように警告しています。

サル痘は西アフリカと中央アフリカの一部で長い間風土病でしたが、5 月以降、世界中で集団発生が発生しています。

デンマークの製薬会社バイエルン・ノルディックが製造する世界で唯一認可されたサル痘ワクチンの投与量をめぐる争奪戦を引き起こした。

ワクチンの有効性と入手可能性に関する現在の状況は次のとおりです。

– 85% 保護「概算」 –

MVA-BN と呼ばれ、米国では Jynneos の名前で、ヨーロッパでは Imvanex の名前で販売されているこのワクチンは、もともと天然痘と戦うために開発されました。

どちらのウイルスも、オルソポックス ウイルス ファミリーの一部です。

フランスのパスツール研究所のウイルスおよび免疫部門の責任者であるオリビエ・シュワルツ氏は、サル痘と天然痘のウイルスタンパク質は90〜95%類似していると述べた.

「したがって、非常によく似たワクチンを使用してそれをブロックすることは、証明された戦略です」と彼は言いました.

サル痘に対するバイエルン北欧のワクチンの保護に関する大規模なデータはまだありませんが、以前の研究では非常に効果的であることが示唆されています。

「85%というワクチン保護率は、1980年代と1990年代にコンゴ民主共和国で行われたフィールド調査によるものであり、かなり概算である」とシュワルツ氏は述べた。

彼は、2018年の医療従事者に関する研究とマカクザルでの実験により、患者がサル痘にかかった後でもワクチンが有効である可能性があることが示されたと付け加えた.

#写真1

また、1980 年以前に天然痘ワクチンを接種した人は、サル痘に対してもある程度の免疫を持っていますが、その範囲と期間は不明のままです。

Schwartz 氏によると、2000 年代の研究では、20 年前にワクチン接種を受けた人の約 30% がまだ天然痘に対する抗体を持っていることが判明したという。

彼は、ブースター投与は「20年から40年後でも細胞免疫を再活性化する」と付け加えた.

しかし、モンペリエ大学のウイルス学者であるヤニック・シモナンは、免疫は「時間の経過とともに低下し、サル痘に対する中和抗体の持続性は評価されていない」と警告した.

「非公開」の国に350,000回の線量

Bavarian Nordic は 2003 年に米国の保健当局と提携し、すでに 3,000 万回分を国に届けています。

サル痘が 5 月にアフリカ以外で広がり始めて以来、同社はさらに 700 万回分を米国に届けると述べている。

世界保健機関によると、ワクチンは世界中で合計約 1,600 万回分投与されており、ほとんどがバルクであり、使用できるようになるまでに数か月かかるとのことです。

各国が保有する株式の正確な数を特定することは困難であり、数を明らかにすることを拒否することもあり、一部の非政府組織や政治家を怒らせている.

年間最大3,000万回分を生産できるバイエルン・ノルディックも、どこに送っているかを明らかにするのをためらっている.

水曜日、同社はアジア太平洋地域の「非公開」国に 35 万回分を供給すると発表した。

他の 2 つの天然痘ワクチン、ACAM2000 と LC16 は現在、サル痘に対する有効性を判断するために研究されています。

米国では現在、1 億回分以上の ACAM2000 が備蓄されていますが、新世代のワクチンよりも多くの副作用を引き起こすと考えられています。

ACAM2000 を製造している Emergent BioSolutions は AFP の取材に対し、現在、年間 1,800 万回分以上の生産が可能であり、必要に応じて年間 4,000 万回分まで増加する可能性があると語った。

– 「公平性が欲しい」 –

サル痘と長い間戦ってきた大陸であるにもかかわらず、アフリカはまだワクチン接種を受けていません。

アフリカでは今年、3,000 人を超えるサル痘の症例が確認されており、医師によると、約 70 人の死者がこの病気に関連しているとのことです。

WHOは、ワクチンを共有する国に呼びかけ、豊かな国と貧しい国の間でCovidワクチンへのアクセスの不平等を繰り返さないよう世界に促しています。

WHOの世界的なHIV、肝炎、性感染症プログラムの責任者であるMeg Doherty氏は日曜日、35カ国がサル痘ワクチンへのアクセスを要求したと語った.

彼女は、モントリオールで開催された国際エイズ会議での会議で、裕福な国が用量を要求しているという「かなりの可能性があるリスク」があると語った.

「公平性が欲しい」と彼女は付け加えた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.