デヴィン・ロイヤルは、クリス・ホルトマンがオハイオ州で彼の最初の地元の見通しを上陸させたとき、家にいることは「コミュニティのすべての人にとって大きな意味がある」と言います

医師による主な違い

クリス・ホルトマンは、バックアイズでの在職中に、高校の募集ランクから一握り以上のオハイオ州出身者を連れてきました。 マラキ・ブランハムは、高校でのキャリアを始めるまでコロンバスに住んでいました。

しかし水曜日まで、オハイオ州立大学の 6 年目のヘッドコーチは、コロンバス地域で高校のフープをプレーした地元の見込み客を実際に獲得したことはありませんでした。 Kaleb Wesson は 2017 年のクラスで Westerville から歓迎されましたが、Holtmann は Thad Matta 政権から採用されたものを大部分受け継いでいます。

ピッカリントン・セントラルのデヴィン・ロイヤルがバスケットボールの旅の次のステップのために家にいることを選択したとき、すべてが変わりました。ホルトマンと彼のスタッフが採用を最初から最後まで見てバックアイになる最初の地元の見込み客になりました.

ロイヤル氏は水曜日の発表式典で、​​最終的にオハイオ州、ミシガン州、アラバマ州のいずれかを選択したため、決定は難しいと述べました。 最後に、家にいてバックアイズのためにプレーすることの意義は、見逃すにはあまりにも大きな機会でした.

「遺産を残すだけでも、大きな意味があると思います」とロイヤルは、彼の決定を公式にした後、ピッカリントン・セントラルの教室で語った. 「高校から大学に来て、まだ家にいることは、コミュニティのすべての人にとって大きな意味があると感じています. …家に近い家族、彼らは私のホームゲームやすべて、友人や家族に来ることができます. だから、それは私にとって大きな意味があります。」

2023年クラスで73位のプレーヤーであり、オハイオ州で2番目にランクされた新兵であるロイヤルがオハイオ州立大学に行くことになるというのは、決して当然の結論ではありませんでした。 ロイヤルは、自分はコロンバスで育ったバックアイ フットボールのファンだったが、「私がここにいたことは影響を与えなかった」と語った。

ロイヤルは最終的に、緋色と灰色が「私と私がする必要があることに最も適している」ことに気付きましたが、バックアイのコーチングスタッフが広葉樹で彼のサービスを獲得するためにフルコートプレスを行う前ではありませんでした.

「おそらく人間関係が最も重要だと思います。 私に最も多くの愛を与えてくれたコーチとの関係は、私の旅を通して私を支えてくれました」とロイヤルは言いました. 「ヘッドコーチ、アシスタントコーチ、選手、そしてチーム全員とより良い関係を築くことができた。 … (ホルトマンとの) 素晴らしい関係です。 彼はしばらく私をリクルートしてくれたり、私をサポートしてくれたり、私の試合に来たりしてくれました。 だから彼との関係は素晴らしい」

ホルトマンは、ロイヤルが彼の採用中に絆を築いたプログラムの唯一のメンバーではありません. 彼は、アシスタントコーチのジェイク・ディーブラーは、実際にプロセス全体で「私に最も愛を示した」スタッフメンバーであり、現在および以前のバックアイズも重要な役割を果たしたと述べました.

「彼らは本当に熱心に採用し、たくさんの愛を示しています。 選手たちが私に愛を示し、手を差し伸べてくれました」とロイヤルは語った。 「同窓生が手を差し伸べて、私にすべての愛を示してくれたので、それがその主なポイントでした. … 彼らは選手を家族のように扱い、親しくし、一緒に何かをします。 素晴らしいプログラムで、このチームに参加できて光栄です。」

ロイヤルは、彼のコミットメントの決定を発表するわずか数週間前に、そのようなバックアイの卒業生と重要な会話をしました. 2014 年にピッカリントン セントラルを卒業し、現在は NBA で数年を過ごしている Jae’Sean Tate は、7 月中旬に仲間のタイガーに電話をかけて、自分の考えがどこにあるのかを話しました。

テイトは必ずしもロイヤルに母校に行くよう説得しようとしたわけではありませんが、有望な才能がどこに行き着くかを彼が望んでいたことに疑いの余地はありません.

「(テイトのことは)よく知っている。 Peach Jam で彼と話をしたところ、彼から電話があり、いくつかのことについて話してくれました」と Royal は言いました。 「彼はただ、私に最善の選択肢を選んでもらいたかっただけです。」

バックアイ バスケットボール ロースターの現在および元のメンバーを超えて、ロイヤルのオール オハイオ レッド AAU チームメイトであるジョージ ワシントン (オハイオ州立大学の 2023 年クラスで最初のコミット) は、彼がプログラムに参加するときに彼のそばにいます。 コートの外でも、元高校バスケットボールのチームメイトである Sonny Styles は、今秋、Buckeye フットボール チームで新入生のシーズンを開始します。 このペアは、昨シーズン、タイガースをディビジョンI州チャンピオンシップに導きました。

「すでにキャンパス内で関係を築いていることは素晴らしいことです。 私がそこに着いたとき、それは素晴らしいことです」とロイヤルは言いました. 「家族が近くにいて、友達が近くにいて、きっと楽しいだろう」

彼の家族に関しては、ロイヤルの母親であるシャノン・コーネルは、近さだけのためにコロンバスにとどまるよう息子に懇願しているようには見えなかった。 ロイヤルの発表式で、コーネルは、息子が彼の選択肢を模索していたので、お気に入りを演じたことは一度もないと言いました.

「私には何人かのコーチがいて、彼らとは本当に良い関係を築いていると感じました。彼らは素晴らしい、まともな人間だと思っていました。 しかし、私にはお気に入りがありませんでした」とコーネルは言いました. 「デヴィンが彼にぴったりだと感じたものが欲しかったのです。」

ロイヤルの父親であるダリルは、募集プロセスは家族全員にとって「ストレスの多い」ものであり、息子がそれを忘れることができてうれしい. それはロイヤルが共有する感情であり、彼は高校の最後の年に彼が最も好きなことに集中することを楽しみにしています.

「私の肩からかなり離れています、男。 それは大きなストレスでした」とロイヤルは言いました。 「いい感じだけど、ほっとした。 シニアシーズンに入って、大好きなゲームをプレイしてください。」

オハイオ州立大学へのロイヤルの関与が注目を集める地元の見込み客としての影響を今のところ予測することは不可能ですが、ホルトマンと会社が採用の道で勝利を積み上げ続けているため、それはプログラムにとって不可欠な瞬間になる可能性があります.

Leave a Reply

Your email address will not be published.