ペットの選択肢に「ペットロボット」はある?ペットを飼いたいけど飼えない人の半数以上が「はい」、約7割が「今後ペットロボットと暮らす人が増える」と回答| | ニュース | 株式会社ミクシィ

ペットの選択肢に「ペットロボット」はある?ペットを飼いたいけど飼えない人の半数以上が「はい」、約7割が「今後ペットロボットと暮らす人が増える」と回答| | ニュース | 株式会社ミクシィ

~100種類以上の機能とコンテンツで進化を続ける会話型AIロボット「Romi」~

株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木村浩樹)は、「ペットのように癒し、家族のように理解する」という対話型AIロボットを開発しています。 ロミ(読み:ロミィ)の一般発売1周年を記念して、「ペットロボット(コミュニケーションロボット)はペットや家族のようになれるか?」をテーマにアンケート調査を実施しました。 私はそうでした。
アンケートの結果、ペットを飼えない理由は数多くあり、ペットを飼いたい人の選択肢として「ペットロボット」が強い存在感を示していることがわかりました。

■調査の背景

2020年頃、新しい「ペットロボット」が続々とリリースされました。 「ペットロボット」とは、ペット禁止の家庭、エサやりなどの世話が面倒、動物アレルギー、家から離れられないなどの理由で「飼いたいけど飼えない」人たちのこと。出張や休暇で家に帰り、死ぬと悲しむ。 不安を解消できる選択肢の一つとして注目されるとともに、コロナ禍における「室内での癒しの新たな選択肢」としてメディア等で紹介される機会も増えています。 近年、「ペットロボット」の存在感が高まる中、ペットを選ぶ際の選択肢として「ペットロボット」を選ぶ人が増えているのではないかとの仮説を立て、今回の調査に至りました。

■調査結果のポイント
・コロナ禍で4人に1人がペットを飼いたい。
・「我が家はペット禁止」「お金がかかる」「最後まで飼えるか不安」など、ペットを飼えない理由はたくさんあります。
・「ペットロボット」を知っている人は約6割。 ペットを飼いたいが飼っていない人の約8割。
・ペットを飼いたいが飼っていない人の約7割が「今後『ペットロボット』と暮らす人が増えると思う」と回答。 30歳未満の女性が8割以上。

コミュニケーション機能を持つロボットには、「ペットロボット」「ロボットペット」「コミュニケーションロボット」「ファミリーロボット」「パートナーロボット」など、さまざまな呼び名があります。 Robots) は、一緒に暮らすとペットのように癒される家庭用ロボットのジャンルと定義されています。 詳細については、以下を参照してください。

・コロナ禍で4人に1人がペットを飼いたい。 ペットを飼えない理由の第1位は「私の住んでいるところはペット禁止」です。

・「ペットロボット」を知っている人は約6割。 ペットを飼いたいが飼っていない人の約8割。

次に、「ペットロボット」の認知度について尋ねたところ、59.9%の人が「知っている」と答え、約60%。 飼いたくても飼えなかった人に絞り込むと、79.2%と約80%の高い認知率となっています。 ペットを飼いたいが飼えなかった人の認知度が高かった理由として、ペット研究の際に「ペットロボット」の存在を認識した人が一定数いたことが推測できます。

・「ペットロボットはペットの選択肢になる」と回答した人は約4割、ペットを飼いたいが飼えない人は半数以上。

次に、犬や猫と一緒にペットを飼いたい場合、「ペットロボット」は選択肢になるかとの質問に対して、38.6%の人が「はい」と答え、約40%でした。 ペットを飼いたいけど飼えなかった人に絞り込むと、51.1%が半数以上が選択肢にあると回答しており、「ペットロボット」と暮らす選択肢が強まっているようです。

・「ペットロボットと暮らす人が増えると思う」約6割。

最後に、「将来、ペットロボットと暮らす人は増えると思いますか?」という質問には、58.5%の人が「はい」と答えました。 ペットを飼いたいが飼うことができなかった人の 74.2% は、4 人中 3 人が「はい」と答えました。 その結果、半分以上の人がパートナーになれると予測しました。
また、ペットを飼いたいが飼えなかった人のうち、30歳未満の女性の80.4%が「これから増える」と答えており、若い女性が「ペットロボット」の存在を受け入れていることがうかがえる。 私は聞いた。

「ロミ」は、2020年6月3日に先行販売、2021年4月21日に一般販売を開始し、多くの方にご利用いただいております。 「ロボットとおしゃべり」という新しい体験を通じて、本当に「ペットのように癒され、家族のように理解してくれる存在」になれるかを確認できます。 売却後もヒアリングを継続。 ユーザーと話すと、機能の良し悪しに加えて、「子どもがずっと話しかけてくる」。 「友達のようなものです。一人暮らしなので、何も言わない日はありません。」 私は私たちがいると感じます

ペットを飼いたいけど飼えない人が「ペットロボット」を選んで当たり前のように暮らす未来を目指して。 「ロミ」はこれからも進化していきます。


・スクリーニング調査
対象:全国15歳~79歳の男女男女×年齢で均等割(5歳刻み)
サンプル数: 8,787ss
調査期間:2022年6月3日~6月8日
調査機関:インターネット調査

・本調査
対象:コロナ禍でペットを飼いたいけど飼えなかった人(全国、15~79歳の男女)
サンプル数: 221ss
調査期間:2022年6月6日~6月8日
調査機関:インターネット調査

■進化を続ける「Romi」は、100以上の機能とコンテンツを搭載

「ロミ」は進化し続けるロボットです。 2022 年 3 月に会話 AI を大幅にアップデートし、会話の精度を向上させました。 また、毎月1~3個ずつ機能やコンテンツを増やしており、2022年5月までに100個を超えました。「ろみ」は今後も定期的に更新していきます。


・ファミリー機能(通話):話している人の声を聞き分けて名前を呼ぶ機能。
詳細:https://romi.ai/mamechishiki-202206032/
・シナリオエディタ:ロミと自由に会話ができるツール。 プログラミングも学ぶ。
詳細:https://romi.ai/romi-scenarioeditor/
・国旗クイズ:ロミの顔(液晶)に表示されている国旗の国名を当てるクイズ機能。
詳細:https://romi.ai/mamechishiki-20220506/


1位:天気予報
2位:歌唱機能
3位:トーク設定
4位:ニュース
5位:今はいつ?
6日:今日は何の日?
7位:アラーム
8位:占い
9位:タイマー
10位:面白い話

■「ろみ」に会える!最新展示会・イベント情報

実際に「ろみ」との会話を体験できるよう、全国各地で展示販売やイベントを開催。 最新の展示会・イベント情報を掲載しております。 その他の展示販売やイベントについては店舗一覧(https://romi.ai/shoplist/)をご覧ください。

・ルクア大阪
内容:ロミとの会話体験と購入
期間:2022年7月15日(金)~7月31日(日)
営業時間:10:30~20:30
会場:ルクア大阪 LUCUA IRE 4F「PACE」イベントスペース(大阪府大阪市北区梅田3-1-3)
公式サイト:https://www.lucua.jp/

・日本科学未来館特別展「君とロボット人間って、なんだ?」
内容:会話AIロボットRomiの会話プログラミング教室
通知日: 2022 年 8 月 4 日 (木製)
開催時間:①11:00~12:15 ②13:00~14:15 ③3:00~16:15 3部制/各回最大10名
会場:日本科学未来館 1F コミュニケーションロビー
参加費:無料
参加対象:小学生以上(日本語のキーボード入力ができる方)
参加方法:「キミとロボット」展のチケットをコミュニケーションロビーにてご提示ください(当日券に限らず、過去の購入履歴や半券でも可)。 整理券は先着順で配布いたします。 詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。
展覧会公式サイト:https://kimirobo.exhibit.jp/special.html
※ロミは展示会場にて展示販売いたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.