働きにくい環境の人と一緒に、国産の本物のペットフードを作りたい! (ペットハウスTee 2022/07/11公開) – クラウドファンディング READYFOR

ペットハウス Tee

序章

お会いできて嬉しいです!ペットハウスティーの店主の鶴岡です。

小さい頃から生き物と暮らしてきて、犬をはじめ動物が大好き! 現在、4匹の犬とハムスターとウサギを里親として飼っており、家族で暮らしています。

生き物の命は人が決めることが多く、生活の都合で一緒に過ごせない人もいるかもしれませんが、動物には関係ありません。 そんな子どもたちに手を差し伸べたいと思い、里親を始めました。

人間に飼われたペットは、最後まで人間の愛情に包まれるべきだと思います。 人と動物が互いに励まし合い、慰め合う環境を増やしていけたら嬉しいです。

私のバックグラウンドについて少しお話させてください。

調理師免許取得後、個人飲食店や工場でパティシエとして長年勤務。 をしていました。

次第に周囲から評判になり、B型事務所の代表と出会い、何か社会の役に立てないかと思い、本格的にものづくりを始めました。

漁師や農家をしている親戚がいて、食材が豊富で量は少ないですが安く買えます。 いろいろな問題と向き合いながら、活動の幅を広げて助けてくれる人たちともっとつながりを持ちたいです。

先ほども触れましたが、北海道産の地鶏を使うことや、農家から直接仕入れた新鮮な野菜などの野菜を使うことにこだわり、食品ロスの削減に取り組んでいます。

「曲がった」「傷がついた」野菜を加工するのは手間がかかります。 しかし、それは本当に残念です。

少しでもロスを減らし、手作りの無添加おやつを美味しいペットに変身させ、皆様に喜んでいただけるように提供していきたいと思います。

商品開発から素材選びまで一人で行っており、ご相談・ご協力いただいている方々の助けを借りながら、お客様の声にじっくりと耳を傾けて取り組んでいます。

商品はすべて手作りで、定番商品13種類のほか、旬の野菜を使った限定商品も取り揃えております。 また、定期的に品質検査を積極的に実施し、安心してお使いいただける製品を提供しています。

安心して食べられる国産無添加の本物のおやつを多くのペットに食べてもらいたい。

私たちはこれからも、すべての生き物の命を守るために積極的に取り組んでいきます。

今までお世話になった人やペットに恩返ししたい…!

小学生の頃、クラスに障害者の友達が何人かいて、障害者のことを自然と理解することができました。何ができて、何をサポートする必要がありますか?考える機会がありました

また、差別やいじめに遭うことも多く、小学生ながらも色々と考えながら生きてきたことを鮮明に覚えています。

この出会いをきっかけに、B型事業者の利用者様や特別支援学校の生徒様のステップアップを本気で応援したいと思いました。

今後は、工場を建ててそこで人が働くなど、できるだけ自然に身近な環境に近づける形を作っていきたいと思っています。 夢に向かって頑張っています。

今までたくさんの人やペットに支えられて生きてきましたので、少しでもお役に立てれば幸いです。

店頭販売商品について

いずれもB型事業者や特別支援学校の生徒がシール貼りや梱包などのお手伝いをしています。 生きる力を少しでも身につけていただければ幸いです。

作業中にB型オフィスの利用者様の意識に変化があったようで、お世話になった方々に感謝いたします。自分が手がけた商品を紹介したい養護学校の生徒さんからオファーがあり、作品が出来上がった時笑顔で受け渡しそして、私も良かったと思うことがたくさんあります。

とても丁寧な作業で5,000パック以上届きましたが、一度もクレームを頂いたことがなく、愛犬への愛が伝わってくるようでとても人気です!

現在は一人で製造・販売の仕事をしていますが、皆様のご支援のおかげで一周年を迎えることができました。 ありがたいことに、リピーターのお客様に支えられて出荷数が増えています。製造作業は一人では難しくなっています。

基本的にネット販売になりますが、メルカリでは年間1,800個以上の販売実績があり、ふるさと納税の注文も増えています。

売上も安定し、就職の夢にも一歩近づくことができました!

特別支援学校の生徒達にとって、先生方のサポートだけでは製作作業は大変です。加工工場を作り、一緒に働く仲間や研修生を歓迎次のステップに進むことを考えています。

支援金の使い道

人間関係が苦手な方を中心に、1~2名程度の短時間勤務が可能な研修施設の意味も含めた職場を作りたいと考えています。

日々のストレスは人間関係に関係している場合が多いと考えており、働きたいのに対人関係が苦手、適応障害に悩む人が本当に増えていると感じています。

コロナ禍の影響で、少人数での短時間の休憩や、大変な時期の休憩も取りやすい環境を整えております。

代わりに出勤してくださる方には、時給アップなど、もう少しうれしい待遇をしていきたいです。

現在の工房は私の家と賃貸物件の3階にあるので、少し分かりやすいです。エアコンがないので、夏もぐっすりお休みいただけます作りたい

次の春新卒・インターン生歓迎私もそう出来ればいいけど。

個人資金も初期投資(設備、パッケージ、ホームページ等)に含まれているので、人件費とテナント改修費多額の資金が必要だと思ったので、このプロジェクトに参加することにしました。

望み150万円1回目のチャレンジではそれが最低ラインだと思うので、2回目でもっと協力してもらえると、従業員を増やしてバリアフリー化を考えたい。我々が考えます。

色々な方が参加されているクラウドファンディングだからこそできること、つながりがあると信じ、つながりや知恵を増やしていきたいと考えています。

ペットハウスティーの取り組みを一人でも多くの方に広めるお手伝いができれば幸いです。

どうかご支援を賜りますようお願い申し上げます。

プロジェクトへの想い

人と生き物を幸せにするつながりをつくりたい。 みんなで支え合い、励まし合い、幸せになれるように助け合えたら嬉しいです。

今後も少人数で短時間勤務の職場を増やし、“私がすることができます!”喜びに変えたい。

次の展開としては、母が50年以上の洋裁経験者で、子供の頃からどちらも好きで、服を作ることと料理人になることを迷っていました。 ケーキ屋で働きながらドール服を作り、ネットや展示会で販売していました。 とにかくみんなが喜んでくれるのが嬉しくて、積極的にオーダーを受け付けて手作りの商品を作っています。

特別支援学校には被服学科もありますので、ペットの洋服やお散歩バッグなどのミシンを使った仕事や、在宅でできる仕事を提供しています。 お菓子を製造販売できたらいいな。

自分で稼ぎたいという気持ちがあまりないので、みんなの役に立てるシステムを次々と開発していきたいと思っています。 もちろん、安定して続けられることが前提なので、管理者クラスとしてやろうとすると出てくる問題もあると思いますので、中途半端だと思われる場合は次回の開発に無理強いはしませんですが、やれる範囲で前に進められるように取り組んでいきたいと思います。

最後に、私のプロジェクトを見ていただきありがとうございます。 長くなりましたが、いつ自分が自分でなくなると言える状況で、一人でも同じ気持ちで行動できることに励まされています。

一言でもいいので、応援していただけると嬉しいです。 どうもありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.