受動的な運動は、能動的な運動と同じ脳の健康上の利点を提供します

医師による主な違い

概要: 受動的な運動は、脳血流を増加させ、実行機能を改善し、より積極的な運動と同じ認知上の利点を提供します.

ソース: 西オンタリオ大学

西洋の運動学大学院生による新しい研究では、受動的な運動が脳血流の増加と実行機能の改善につながり、能動的な運動と同じ認知的利点をもたらすことがわかりました.

に発表されました 精神生理学この研究は、人の手足が外力によって動かされる受動的な運動中に脳の健康に利益があるかどうかを調べた最初の研究です。

健康な若年成人との 20 分間のセッション中に、チームは参加者が運動する前のベースラインで実行機能を評価し、運動後のデータを比較しました。 彼らは、心拍数や拡張期血圧の増加なしに、受動的および能動的な運動条件の両方で同じ大きさの実行機能の改善を発見しました.

実行機能は、人々が計画を立てることを可能にし、日常生活の活動をサポートする高次の認知能力です。 初期段階のアルツハイマー病の症状を経験している人々など、軽度の認知障害を持つ人々は、実行機能が悪影響を受ける可能性があります.

以前の研究では、人が自分の意志で筋肉を活性化するアクティブな運動が、脳への血流を増加させ、実行機能を改善できることが実証されています。 受動的な運動も脳への血流を増加させますが、これはあまり文書化されていません.

「受動的な運動に関しては、この種の研究は以前に行われたことがなかったため、結果を仮定することしかできませんでした」と、運動学の教授で研究の監督者であるマシュー・ヒースは述べています.

機械的に押されているサイクル ペダルを使用して、認知に対する受動的な運動の影響を判断しました。 クレジット: 西オンタリオ大学

受動的な運動中、人の手足が動き、筋肉の受容体が伸ばされます。 その情報は脳に送られ、体の動く領域と脳の接続された領域により多くの血液が必要であることを示します. この脳血流の増加は、活発な運動よりも大幅に少ないものの、同程度の実行機能の改善をもたらしました。これは研究者にとって興味深い結果です。

「移動が制限されている、またはまったく移動できない人々への潜在的な影響は、深刻なものになる可能性があります。 定期的に行うと、脳への血流が増加し、実行機能が改善され、認知の健康と実行機能に大きな影響を与える複合効果になると楽観的に言えます.

実行機能へのメリットが運動後のより長い間隔で持続するかどうかを調べること、およびより多様な参加者(たとえば、高齢者や健康に問題のある人など)を含めることによって、さらなる研究を改善することができます.

ヒースとチームは、長期介護施設での受動的運動の使用や、筋骨格系の損傷から回復している人々のリハビリ プログラムで、体重負荷運動を実行できない人に大きな可能性を見出しています。

この研究は、修士課程の学生であるムスタファ・シルザッドが主導し、大学院生のベンジャミン・ター、コナー・ダルトン、ジェームズ・ヴァン・リーセン、マイケル・マルサラが共同執筆しました。 ヒースは対応する著者でした。

このエクササイズと脳の健康研究ニュースについて

著者: キム・マクレディ
ソース: 西オンタリオ大学
コンタクト: Kim McCready – 西オンタリオ大学
画像: 画像はウェスタンオンタリオ大学にクレジットされています

元の研究: 閉鎖されたアクセス。
ムスタファ・シルザッドらによる「受動的な運動は脳血流速度を増加させ、運動後の実行機能の利益をサポートします。 精神生理学


概要

こちらもご覧ください

これは、妊婦とプラスチック製品を示しています

受動的な運動は脳血流速度を増加させ、運動後の実行機能の利点をサポートします

実行機能には、日常生活の活動をサポートする高レベルの認知制御が伴います。 文献によると、随意筋の活性化を含む 1 回の運動 (すなわち、能動的運動) が実行機能を改善し、脳血流 (CBF) の増加がこの利益に寄与する可能性があることが示されています。

しかし、個人の手足が外力によって動かされる無意識の運動(すなわち、受動的な運動)が同様の実行機能の利点を引き出すかどうかは不明である. これは、受動的な運動からの固有受容およびフィードフォワード駆動が、能動的な運動の代謝要求とは無関係に CBF を増加させることを考えると、顕著な問題です。

ここでは、手続き型の検証参加者 (n = 2) サイクル エルゴメーターを使用して、20 分間の能動的および受動的 (機械駆動フライホイールによる) 運動条件と非運動制御条件を別々に完了しました。 筋電図検査では、他動運動は主動筋の活性化を増加させたり、換気やガス交換変数 (つまり、V̇O2 とV̇CO2)。

主な実験参加者(n = 28) 同じ運動と対照条件を完了し、経頭蓋ドップラー超音波は、能動的および受動的運動 (対照条件ではなく) が中大脳動脈を介して CBF を増加させることを示しました (ps <.001); 受動的な運動中は大きさが小さかったとはいえ。

特に、各条件の前と直後の抗サッケード反応時間は、その活性を示しました (p < .001) およびパッシブ (p = .034) 運動は実行機能の眼球運動ベースの測定値を改善しましたが、対照条件では利点は観察されませんでした (p= .85)。

したがって、結果は、受動的な運動が実行機能の眼球運動ベースの測定を「ブースト」することを証明し、CBF の増加がこの利益を媒介するという収束的証拠を支持します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.