新しい縦断的研究は、低宗教とパーキンソン病のリスク増加を関連付ける

医師による主な違い

に掲載された研究によると、 宗教と健康のジャーナル英国と米国の両方の人口において、成人期の宗教心が低いことは、パーキンソン病を発症するリスクの増加と関連しています。

パーキンソン病と低宗教性、宗教的実践への関与、および自己超越の測定との関連性が、年齢が一致した対照群と比較して、多数の横断的研究によって明らかにされています。 興味深いことに、パーキンソン病患者は、精神的な信念を持っていると報告する可能性が高くなります. 過去 30 年間でパーキンソン病の有病率は急速に増加しており、この傾向は世界中の人口の高齢化とともに続くと予想されます。

「パーキンソン病の有病率が、無宗教の個人の割合が高い社会で最も急速に増加していることを考えると、 []そして社会科学研究は、世界のいくつかの地域で宗教が衰退し続けることを予測している.低宗教とパーキンソン病の発症との間の時間的関係を明らかにすることは、公衆衛生の観点から明らかに非常に重要である.アビデミ I. オタク。

この研究では、それぞれ 2010 年から 2019 年および 1995 年から 2014 年にかけて行われた、English Longitudinal Study of Aging (ELSA) および Midlife in the United States Study (MIDUS) のデータを使用しました。 現在の研究に含まれるには、参加者はベースラインでパーキンソン病に罹患しておらず、宗教に関する質問に回答していなければなりません (例: あなたにとって宗教はどれほど重要か [daily] 生活?; あなたが育ったとき、あなたの家で宗教はどれほど重要でしたか?)および精神性(例: あなたの人生において霊性はどれほど重要ですか。)。

参加者はまた、宗教的/精神的なサービスに参加する頻度、および祈りと瞑想への関与を示しました。 同様に、参加者は社会人口統計学的指標のデータが欠落していない可能性があり、ベースライン データ収集後の少なくとも最初のフォローアップに参加している必要があります。 ELSA からの合計 7,124 人の参加者と MIDUS からの 2,672 人の参加者が分析に含まれ、合計 9,796 人の参加者でした。

10 年間の追跡調査期間中、参加者は医療専門家によってパーキンソン病と診断されたかどうかを尋ねられました。 これは、パーキンソン病の発症の測定基準を提供しました。 ベースラインで測定された共変量には、年齢、民族性(つまり、白人/非白人)、結婚歴、教育、喫煙状況、アルコール摂取の頻度、糖尿病の存在、高血圧、精神障害(うつ病、統合失調症など)が含まれていました。 )、認知障害(認知症など)、自己評価による全体的な健康状態、および身体活動レベル。

Otaiku は、ベースラインでの宗教性が低いほど、「分析を特定の宗教に所属していると公言する参加者に限定した場合でも、パーキンソン病を発症するリスクが高いことに関連していた」ことを発見しました。 宗教が生活の中でまったく重要ではないと報告した宗教的個人は、宗教が非常に重要であると報告した宗教的個人と比較して、パーキンソン病を発症するリスクが10倍以上でした. サンプル全体(つまり、宗教的および非宗教的)の傾向を見ると、同様の結果が得られました。

ELSA サンプルでは、​​追跡調査の最初の 2 年以内にパーキンソン病と診断された参加者、およびベースラインで認知障害または重度の精神障害を報告した参加者を除外しても、この関連性は維持されました。

精神性(宗教ではない)が非常に重要であると回答した参加者と、どちらも重要ではないと回答した参加者は、宗教が非常に重要であると回答した参加者と比較して、パーキンソン病を発症するリスクが高かった. これは、変化がないと報告した参加者と比較して、宗教レベルの低下を経験した参加者にも当てはまりました。

著者が指摘する制限は、「この研究からの発見は、主に非キリスト教徒の集団に一般化できない可能性がある」ということです.

Otaiku は次のように結論付けています。 [Parkinson’s disease]」

研究「英国と米国におけるパーキンソン病の宗教性とリスク」は、Abidemi I. Otaiku によって執筆されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.