既存の状態に最適なペット保険

忍耐と即興がキャンプファイヤーで調理する鍵


ペット保険は持病があっても加入できる?

ほとんどのペット保険は、既存の状態をカバーしていません。 ペットは財産とみなされるため、人間の健康保険に適用されるよりも多くの制限と除外があります。 そのため、ペットを早期に補償するほど、後に発症する可能性のある慢性疾患を補償できる可能性が高くなります。

既存の状態をカバーする費用は高く、平均余命は犬で 10 ~ 12 年、猫で 10 ~ 14 年であるため、ペット保険会社はそれらをカバーできない場合があります。 既存の状態が治癒可能で、ペットが一定期間その状態を経験していない場合、いくつかの既存の状態をカバーする場合があります.

既存の状態と見なされるものは何ですか?

既存の状態とは、ポリシーの待機期間が終了する前にペットが経験した怪我や病気です。 つまり、ポリシーが開始される前にペットが持っていた病状は補償されません。 これにより、ペットの所有者は、重大な怪我や病気の診断の直後にペット保険に加入することができなくなります。 ペット保険は、ペットの過去の病気や怪我ではなく、将来の病気や怪我をカバーするために使用されます。

たとえば、ペット保険プランに加入する前に愛犬が足を骨折した場合、怪我に関連する費用は補償されません。 将来の関連する治療や費用も補償されません。 ペットが正式に診断または治療される前に獣医を訪れたことがない場合でも、状態は既存のものと見なされます。 保険会社にとって重要なのは、ペットが最初の症状を示し始めた時期だけです。 通常、既存の状態には 2 つのタイプがあります。

硬化条件

治癒可能な既存の状態とは、ペットが治療を受け、もはや苦しんでいない病気や怪我です。 一部のペット保険会社では、通常、ペットが症状を示さない状態が治癒したと見なされる期間を 12 か月から 24 か月に制限しています。 いくつかの例は次のとおりです。

  • 呼吸器感染症
  • 尿路/膀胱感染症
  • 嘔吐、下痢、その他の胃腸障害
  • 耳の感染症
  • その他の治癒条件

不治の病

不治の既往症とは、治すことができない病気やけがのことです。 それらは進行中の状態であり、管理する必要があります。 例のほんの一部は次のとおりです。

  • 関節炎
  • アレルギー
  • 糖尿病
  • 尿路閉塞
  • 心臓または腎臓病
  • 股関節形成不全
  • その他の慢性疾患

二国間条件

両側性の状態は、ペットの体の両側に影響を与えます。 例としては、股関節形成不全や十字靭帯断裂などがあります。 ペットが体の片側に影響を与える状態にある場合、他の側にも影響を与える可能性が高くなります. そのため、ペットの体の片側に既存の両側性の状態がある場合、ペット保険会社は通常、症状が発生した場合に反対側をカバーしません.

保険会社はどのようにして既往症を判断するのですか?

一部のペット保険会社は、ペットの生後 12 ~ 24 か月を見直して、既存の状態を確認します。 彼らは通常、完全な健康診断を要求し、過去の獣医記録を求めます.

一部のプランは、特定の病状にかかりやすいという事実のために、特定の品種をカバーしていません. ペット保険会社が異なれば、既存の状態の定義と取り扱いも異なる場合があるため、プランを選択する前に、いくつかのペット保険会社から見積もりを取得し、費用と補償範囲を比較することが重要です。

持病のあるペット保険料

慢性的な既往症をカバーするペット保険会社はありません。 ただし、特定の制限を条件として、治癒可能な既存の状態をカバーするものもあります。 ペット保険の費用は、ペットの種類、品種、性別、年齢、住んでいる場所、提供される保険の種類、控除額など、多くの変数によって異なります。 以下は、事故のみの保険と、事故と病気 (総合) の保険の両方の平均費用です。

事故のみの平均保険料

    • 年間: $218.13
    • 月額: $18.17
  • ネコ
    • 年間: $133.61
    • 月額: $11.13

傷病平均保険料

    • 年間: $594.15
    • 月額: $49.51
  • ネコ
    • 年間: $341.81
    • 月額: $28.48

既存の状態に対処するときに適切なペット保険を選択する方法

すべてのペット保険会社が、治療可能な既往症をカバーしているわけではありません。 最初のステップは、保険会社を見つけることです。 ペット保険会社がどのような既存の状態を治癒可能または不治と分類するかを理解することが重要です。 保険会社のリストを特定の条件をカバーするものに絞り込んだら、次のステップは、提供されているさまざまなタイプの補償を比較し、ポリシーの価格見積もりを取得することです. 既往症のあるペットを飼っている場合は、健康を維持するために十分な世話をすることが重要です。 獣医の健康診断と予防接種を最新の状態に保ち、適切な栄養と運動を提供してください。

ペット保険に早期に加入することで、ペットがカバーされない既往症を発症する可能性を最小限に抑えることができます。 ペットをカバーするのが早ければ早いほど、安心感が増します。 ペットがまだ健康なうちに保険に加入すると、将来何かが起こった場合に完全にカバーされる可能性が高くなります。 ペットに既往症がある場合でも、ペットはペット保険に加入する資格があり、既往症があるからといって、後で発生する可能性のある他の潜在的な病状に対する補償を検討することを妨げてはなりません。

ペット保険は、人間の健康保険と同じような構造になっています。 どちらにも、年間保険料、免責額、年間限度額、自己負担額が含まれます。 ペット保険会社には、追加できるさまざまな特約や、追加の補償オプションもあります。 ペット保険会社を検討するときは、各保険会社の評判、安定性、顧客サービス、および請求プロセスを必ず比較してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.