2022 デトロイト ライオンズ更新深度チャート: トレーニング キャンプ スクリメージ版

2022 デトロイト ライオンズ更新深度チャート: トレーニング キャンプ スクリメージ版

デトロイト ライオンズは 9 日間のトレーニング キャンプを予定しており、通常、10 回目の練習には大きな計画があります。それは、組織のファミリー フェストのためにフォード フィールドでスクリメージを行うことです。

これまでのところ、キャンプの最初の数日間、物事は予想に近い展開を見せていましたが、プレイヤーがステップアップしたいくつかの驚きがあり、私たちの意見では、深度チャートが上昇しました.

シーズンを通して毎週の包括的な深度チャートに従っている場合は、この部分でおなじみのパターンに気付くでしょう. 以下では、名簿をポジション別に整理し、プレーヤーをランク付けし(スクリメージ中に簡単に追跡できるように番号を付けて)、最後にベースフォーメーションの概要を一目で示します.

ですから、土曜日にファミリー フェストに向かい、選手をすばやく特定するのに役立つ何かが必要な場合、またはトレーニング キャンプの練習後に名簿がどこにあるのか知りたい場合は、私たちがカバーします.

注: 予想される先発選手は太字、負傷した選手はイタリック体、新人選手は名前の後に * が付きます。

クォーターバック (3)

  • ジャレッド・ゴフ (16)
  • ティム・ボイル (12)
  • デビッド・ブラウ (10)

ライオンズはキャンプ中にバックアップをローテーションしており、技術的にはローテーションでブラフの番なので、彼は実際には2番目のチームでスクリメージを開くかもしれませんが、ランキングの目的では、トレーニングキャンプのパフォーマンスに基づいてボイルがわずかに上回っていると私は信じています.

ランニングバック (6 + 1 負傷)

  • ダンドル・スウィフト (32)
  • ジャマール・ウィリアムズ (30)
  • クレイグ・レイノルズ (46)
  • ゴドウィン・イグウェブイケ (35)
  • ジャーマー・ジェファーソン (28)
  • ジャスティン・ジャクソン (42) — 今週署名
  • ジェイソン・カビンダ (45)、FB — PUP一覧

ワイドレシーバー (9 + 2)

  • DJ チャーク (4)
  • ジョシュ・レイノルズ (8)
  • アモン・ラ・セント・ブラウン (14)
  • カリフ・レイモンド (11)
  • トリニティ・ベンソン (17)
  • トム・ケネディ (85)
  • カリル・ピンプルトン* (83)
  • ジョシュ・ジョンソン* (80)
  • モーリス・アレクサンダー (15) — 今週署名
  • ジェイムソン・ウィリアムズ* (18) — NFIリスト
  • Quintez Cephus (87) — 負傷、 彼はあまり時間を逃さないだろうと楽観的だ

セフスが負傷したため、ライオンズはケネディをセカンドチーム「X」にシフトし、レイモンドをスロットに留めました。

タイトエンド (8)

  • TJホッケンソン (88)
  • ブロック・ライト (89)
  • ギャレット・グリフィン (86)
  • シェーン・ジルストラ (84)
  • ジェームズ・ミッチェル* (82)
  • デヴィン・ファンチェス (13)
  • デリック・ディーズ・ジュニア* (48)
  • ノーラン・ギバン* (43)

期待される先発攻撃ライン (14 + 1)

一軍

  • LT — テイラー・デッカー (68)
  • LG — ジョナ・ジャクソン (73)
  • C — フランク・ラグナウ (77)
  • RG — ハラポウリヴァティ ヴァイタイ (72)
  • RT — ペネイ・シーウェル (58)

セカンドチーム

  • LT — Obinna Eze* (65) — 両方のタックル スポットでタイムを見た
  • LG — Tommy Kraemer (78) — 室内の 3 つのスポットすべてでスナップを撮影
  • C — エヴァン・ブラウン (63)
  • RG — ローガン・ステンバーグ (71) — このオフシーズンに左から右に切り替えた
  • RT — マット・ネルソン (67)

サードチーム

  • LT — ダン・スキッパー (70) — 病気からの再順化
  • LG — Zein Obeid* (76)
  • C — Ryan McCollum (74) — 負傷
  • RG — ケビン・ジャービス* (75) — ガードスポットとライトタックルの両方でレップを獲得
  • RT — Darrin Paulo (66) — 2 番目と 3 番目のチームの両方で両方のタックル スポットをプレーしました

2 番目と 3 番目のラインは、キャンプでいくつかの動きが見られました。これは、怪我が原因である場合もあれば、異なるポジションでの選手のクロストレーニングが原因である場合もあります。

内部防御線 (6 + 1)

  • DL — マイケル・ブロッカーズ (91)
  • NT — アリム・マクニール (54)
  • DL — ジャション・コーネル (96)
  • NT — アイザイア・バグズ (98)
  • DL — ブルース・ヘクター (92)
  • DL – デメトリウス・テイラー* (62)
  • DL — レヴィ・オンウズリケ (75) — 負傷

ライオンズは、このグループから 2 人のプレーヤーをベース セットで使用し、ビッグ セットで最大 3 人に増やすこともあります。

EDGE ラッシャー (7 + 2)

  • ビッグ DE—エイダン・ハッチンソン* (97)
  • ラッシュ DE — チャールズ・ハリス (53)
  • SAM — ジュリアン・オクワラ (99)
  • ビッグ DE — オースティン ブライアント (2)
  • ビッグ DE — ジョン・コミンスキー (79)
  • SAM — ジェームズ・ヒューストン* (59)
  • ビッグ DE — エリック・バンクス (94)
  • ラッシュDE — 大原ロミオ (95) — PUP一覧
  • 大きな DE — Josh Paschal* (93) — PUP一覧

IDL と同様に、ライオンズはこのグループから 2 人のプレーヤーをベースに使用しますが、状況に応じて 3 番目のプレーヤーを追加することがよくあります。 また、ジュリアン・オクワラは金曜日の練習を欠席しており、怪我に対処しているかどうかは明らかではありません.

オフザボールのラインバッカー (8)

  • アレックス・アンザローン (34)
  • クリス・ボード (49) またはデリック・バーンズ (55)
  • マルコム・ロドリゲス* (44)
  • アンソニー・ピットマン (57)
  • ショーン・ディオン・ハミルトン (50)
  • ジャラド・デイビス (40)
  • ジョシュ・ウッズ (51)

これは、トップ 3 をスターター ポジションにローテーションさせ、ほぼ全員を 2 番目と 3 番目のチームにローテーションさせているため、予測するのが最も困難なグループです。 金曜日の時点で、これはこのグループがどこに位置するかについての最も近い推測です.

コーナーバック (8 + 1)

  • アマニ オルワリエ (24)
  • ジェフ・オクダ (1) またはウィル・ハリス (25)
  • マイク・ヒューズ (23)
  • ボビー・プライス (27)
  • マーク・ギルバート (29)
  • サイヴィオン・スミス (19)
  • セドリック・ボズウェル* (35)
  • ジェリー・ジェイコブス (39) — PUP一覧

ラインバッカーと同様に、ライオンズには 3 人のプレーヤーが 2 つのスポットを争っており、残りのグループはローテーションで 4 番目のスポットを争っています。

ニッケルバック (2)

  • A・J・パーカー (41)
  • チェイス・ルーカス (36)

マイク・ヒューズもニッケルバック・グループに参加しています。

安全 (7)

  • トレーシー・ウォーカー (21)
  • デション・エリオット (5)
  • Ifeatu Melifonwu (26) — このオフシーズンにコーナーからセーフティにスイッチ
  • カービー・ジョセフ* (31)
  • CJ ムーア (38) — NFI から外された後の再順化
  • ジュジュ・ヒューズ (33)
  • ブレイディ・ブリーズ (15)

このグループはリザーブをかなり回転させており、スクリメージ中にジュジュ・ヒューズのようなプレーヤーが2番目のチームにいるのを見るかもしれませんが、彼は深さでムーア(金曜日にNFIリストから削除されたばかり)を下回る可能性がありますチャート。 スクリメージ中にチームのドリルでムーアを見ることを期待しないでください.

キックチーム (4)

  • P — ジャック・フォックス (3)
  • LS — スコット・デーリー (47)
  • K — オースティン・セイバート (19) またはライリー・パターソン (6)

キッカーの戦いは大きく開かれています。

キック/パントリターナー

  • パントリターン — カリフ・レイモンド (11)
  • PRリザーブ:カリル・ピンプルトン(83)、アモン・ラ・セント・ブラウン(14)、モーリス・アレクサンダー(15)
  • キックリターン — Godwin Igwebuike (35)
  • KR リザーブ — トリニティ・ベンソン (17)、ジョシュ・ジョンソン (80)

キックカバレッジスペシャリスト

  • ホルダー – ジャック・フォックス (3)
  • Gunner – Ifeatu Melifonwu (26) と Bobby Price (27)、Trinity Benson (17) と AJ Parker (41)
  • パーソナル プロテクター (PP) — CJ ムーア (38)、トレーシー ウォーカー (21)

一目でわかる投影深度チャート

あなたがより視覚的な学習者である場合は、上記で説明した内容を一目で確認できます。

スクリメージの名簿チートシート

このチート シートは、ユニットごとにグループ化された攻撃的な行を除いて、位置によって区切られ、番号順にリストされています。 エリックは、キャンプ中に選手を追跡するために、このスタイルの名簿シートを使用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.