49ers トレーニング キャンプの 6 日目の良い点と悪い点: フレッド ワーナーとブランドン アイユクの戦い

49ers トレーニング キャンプの 6 日目の良い点と悪い点: フレッド ワーナーとブランドン アイユクの戦い

サンタ クララ — 49ers トレーニング キャンプの 6 日目で注目を集めた選手は次のとおりです。 覚えておいてください、49ers は 2 時間近く練習しました。非常に暑く、2 つの戦いが勃発したので、今日はあまり良くないものから始めます。

あまり良くない

1. フレッド・ワーナーとブランドン・アイユク。

彼らは 2 度戦い、ヘルメットをかぶったままお互いの顔を殴ろうとしましたが、これは決して賢くはありませんでした。 この戦いは先週キャンプが始まって以来続いていた。 どうやら、ワーナーは練習中にフィールドでくだらない話をし、オフェンスは彼をいらいらさせているようだ – アイユクは先週の記者会見でそう言った. 今日、ワーナーはホイッスルの後にアイユクを殴ったように見え、アイユクは例外を認めたので、彼らはお互いに地面にぶつかり、離れ離れになりました. 数分後、ジョンソンがクロスルートを走っているときにパスをキャッチした後、ワーナーは故意にバックアップワイドレシーバーのマーカスジョンソンを倒しました.彼はレンガの壁にぶつかったように見えました. Aiyuk はすぐにフィールドに飛び出し、彼とワーナーは空手のトーナメントに参加したかのように対決しました。 その後、チームメイトが戦いに加わり、カイル・シャナハンはそれを中断して練習をやめ、選手たちに怒鳴らなければなりませんでしたが、彼は誰も追い出しませんでした. その後、練習が再開され、Aiyuk はキャッチで第 1 ストリングの攻撃をリードしたため、再び非常に優れたプレーをしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.