Knight A – 「私たちにしか出せない最高の音楽です」 メンバー全員で作詞に挑戦した1stフルアルバム「Knight A」完成まで|Knight A スパイス

Knight A - 騎士A -

Knight Aは、2022年8月3日(水)に1stフルアルバム『Knight A』をリリース。
トップを目指す覚悟と覚悟が詰まった1stフルアルバムでは、メンバー全員が作詞に挑戦。 本記事では、歌詞に込められた思いや各曲への各メンバーのコメントなど、アルバムの完成を語るメールインタビューをお届けします。

――本格始動から約2年、待望の1stフルアルバム『Knight A』がついに完成。 2021年8月にリリースされた1stミニアルバム「The Night」に続き、Knight Aの幅広い表現力と表現力がさらに開花し、オンリーワンとしての強い存在感で頂点を目指す。 私は決意と準備に満ちていると感じています。 まずは、みんなの様子を教えてください。

バウ: ミニアルバム「ザ・ナイト」を出した時、それを聴いた子供たちがとても喜んでくれたのを今でも覚えています。 騎士Aとして最高の作品をお届けできたと思います。
だからこそ前作を超えられると素直に思った。 音楽、歌、声、新たな5人でスタート。 これに賭ける、誰にも負けないという気持ちで本気でレコーディングに挑みました。 聞くことでわかります。 結局、私たちは最高でした。

相馬: 私たち、騎士 A は、この 2 年間で精神的にも経験的にも大きく成長しました。 それぞれが輝く「個」を持つメンバーたちは、「グループとは何か」など、それぞれの課題を見つけています。 そして「今何ができるか?」 、 そんな日々だったと思いますが、振り返るとグループのために頑張ろうという気持ちと団結力、士気が高まっています。 一人一人が作詞・作曲を手掛けてきた作品なので、この2年間を振り返ってみてください! という思いが込められた作品です。 もちろん、このフルアルバムは序盤ですが、私たちにしか出せない最高の音楽だと自負しております。

シユン: 5人体制の新体制として、何を変えたいのか、何を変えなければいけないのか、何を変えてはいけないのかという意気込みと覚悟が感じられる記録だと思います。 これまでフォローしてくださったリスナーへの感謝の気持ちが込められた曲、これからも私たちをリードしていきたいという想いが込められた曲、「私たちは変わらない」という想いを込めて歌われた曲、さらに進化した新たな一面。 . それを感じさせてくれる曲や、いつも応援してくれるリスナーの皆さんなど、岸Aを構成する全ての要素が詰まったアルバムだと思います!

てるとくん: メンバー全員で書き下ろし、様々なクリエイターの手を借りた初のフルアルバムです。 自信を持ってリリースできるフルアルバムです。

まひとくん。:一人一人が真剣に考えて作った作品。 手に取った子が絶対に喜ぶ最高の作品が完成したと思います。

――作詞家のバウさんに「Steal」と「Ⅴ Ace」についてお聞きしたいです。 「Steal」はタイトル通り、心を「盗む」キラーフレーズが多く、メンバーそれぞれの魅力的な歌声が魅力。 「Only 1」として「頂点」を目指す「Ⅴエース」と、「We are “Knight A”」の力強い宣言。それぞれの感想やお気に入りポイントを教えてください。

バウ:「Steal」は、私と聴き手の気持ち、「私が必要でしょ?」と訴える気持ちを織り交ぜます。 ひと目で「バウくんみたいですね」と分かるようにバウちゃんカラーに染めてみました。 この歌があれば、あなたは私たちから離れられなくなります。 歌うメンバーのイメージにぴったりの台詞と歌詞なので是非チェックしてみてください!
「V・エース」はもう懐かしい。 この曲には「騎士Aはそれぞれオーリー。それぞれがエースに出て5人集まれば最強」という思いが込められています。 歌詞を書く時は音源を聴いて音を入れるのですが、ガイドボーカルを全く聞かずに自分の声を当てはめた結果…エンジニアさんから「これだ!歌詞じゃないよ!で、歌詞と音の譜面分けを一から作り直し、スタジオにこもって7時間で完成させたこの曲はライブで絶対映えると思います!手を振って、「私たちはOnly 1 No. 1」であることを伝えてください。

――バウさんの歌詞「Steal」と「Ⅴ Ace」についてメンバーはどう感じましたか?また、好きなフレーズは何ですか?

相馬:「Steal」に関しては、バウの世界観が詰まった最高の作品です。 ラインから始める 、「自分の色に染めたい」という思いが強く表現され、色気も伝わってきます。 『Ⅴエース』に関しては、「行こう」の始まりを強く感じるものだと思いました。 ワクワクする要素がたくさんあるので、注目してください。

シユン:「スティール」の原型? このような仮の曲を事前に聴いた時、本当にすごいなと思いました。 本人がセリフのプロなので、「スティール」も「Vエース」もセリフがちりばめられています。 とても楽しく聴ける曲という印象です。 ただ、セリフが死ぬほど苦手で、曲の調整で撮り直しをすることになったので、正直かなり悔しかったです(笑)。 完成したら一番好きになりそうな曲になりました。 「Ⅴエース」は「ナイトA」と叫ぶパートがあり、最高の盛り上がり要素! そんな感じなので、ライブ向けのしっかりした曲になると思います。

てるとくん:「盗む」はバウくん節MAXです(笑)。 セリフも収録されているので、騎士Aの大人の魅力を堪能できます! 「V・エース」は盛り上がる元気な曲です!!

まひとくん。:「V Ace」も「Steal」も僕なりのカッコ良さが詰まった曲です。 私もかっこいいセリフを選びたいのですが、叫ぶ部分があります 「Vエース」のコーラスで、個人的に好きなフレーズです。 ライブで盛り上がること間違いなし!

バウ

――作詞家の相馬さんに「真の世界」と「私」についてお聞きしたいです。 和のテイストにふさわしい言葉選び、「武士道」ではない「騎士道」、仲間や支援者の「思い」を受け継ぐ不屈の精神が印象的。 世界”。 = 「私」はそれを誓う

相馬:「True World」に関しては代表曲「決戦エンドレス」を連想させる一面もありますが、テーマは「新人騎士Aがこれからの活動とどう向き合うか」です。 かつての友との約束、支えてくれた人々の祈り、そして世界を乗っ取った事実。 増加。 「私」はタイトルの通り、相馬が主人公の物語であり、歌詞には相馬自身の思いが込められていることもある。 表現 涙を流した日々を思い出し、 今まで支えてくれた子供たちのことを思い出します。 その気持ちが込められています。 あなたが楽しんでくれることを望みます。

――相馬さんが作詞した曲「Maskai」「I」について、メンバーはどう感じましたか?また、好きな言葉は?

バウ:「新世界」は「決戦エンドレス」に続く想いがたくさんあると思います。 相馬さんからこの曲への思いをたくさん伺いました。 ひとつひとつの歌詞は、あなたが理解できる感情に満ちています。 マジかっこいい曲! ライブで絶対歌いたい!! 「I」の最初のコーラスから、本当に誘拐された気分です(笑)。 サビがクセになる曲で、出す前に何度か言ったくらいクセになる曲です。 あなたをとても愛しています。

シユン:「トゥルーワールド」は「決戦エンドレス」に続く日本の時代劇なので、「決戦エンドレス」の続編として見てもいいと思います。 このような曲を書くというプレッシャーも大きかったと思いますが、本当に素晴らしい曲を書いたと思います。 刻々と変化するインターネットの状況の中で、前に進む決意が見えるところが気に入っています。 逆に「I」は相馬のお兄さんっぽさが際立つ印象で、収録時にニッコニコで歌わせていただきました。

てるとくん:「新世界」の「決戦エンドレス」に続く和風のメロディーと歌詞が好きです(笑)。 という言葉を使っているのが魅力的 となり、ナイトAの活動の背景や生き方が歌詞に込められている。 「I」はアップビートな曲ですが、歌詞をよく聞くと色々と分かる曲です。 リスナーと一緒にどこへでも行きましょう。 その一心で作ったのだと思います。

まひとくん。:「真の世界」では、それぞれの歌詞に未来の騎士Aが見えます。 そして「決戦エンドレス」の魂と精神を受け継いだ曲だと思います。 中でも「振り返れば全ての想いをその手に」という言葉がとてもパワーをもらえて好きです。 「I」は一度聴いたら病み付きになること間違いなし。 コーラスの音が良くてついつい歌ってしまいます。

相馬

相馬

――作詞家のシユンさんに「Attention Lies」についてお聞きしたいです。 織りなす夜の物語 ダークファンタジーな色合いですが、この世界観はどのようにして生まれたのでしょうか? 華やかさ、しなやかさ、華やかさを感じさせる歌唱に関して、メンバーそれぞれにオーダーはありましたか? お気に入りポイントも教えていただきたいです。

シユン: メンバーに注文というより、メンバーのために書きました。 各メンバーには、独自の「女の子を取り除く方法」があります(主張)。 リスナーにその要素を楽しんでもらえるように努力しました。 また、私も同じなので聞く人も同じだろうという偏見ですが、人生って基本つまらないですよね? だから「逃げる」要素を入れて書いたのは、騎士Aが魅力的だけど危険な、非日常的で非現実的な状況に連れて行ってくれるシチュエーションを楽しんでもらいたいからです。 辛い時や何かから逃げ出したい時、この曲を聴いて騎士Aと一緒に旅に出てほしいです。謎。 バウソマラヘンは一緒にいると際限なく歌います。 お気に入り。

――シユンが書いた「Attention Lies」についてメンバーはどう感じましたか?また、好きな言葉は何ですか?

バウ: 最初のエントリーから、シユンの世界とボキャブラリーが炸裂し、 、締まりも色気もMAX。 いつも口をつぐんでいます。 シユンの前で歌うとわざとらしいし、「バウちゃん↑ストップ↑↑」って言ってくれるので、よく歌ってます。 後悔しない!

相馬: の最初の行のようなものはありますか? . リスナーの皆様が一日も早くシユンの作品を聴けるようになりますように。

てるとくん:しゆちゃ感MAX(笑)。 おしゃれな大人のための世界的名曲でありながら、すべてを忘れてどこかへ連れて行ってくれる夢のような楽しい曲でもあります!

まひとくん。:大人の色気と言葉のセンス、シユンらしさが詰まった1曲。 世界観というかストーリーに飲み込まれすぎて途中で息が詰まりそうです。 シユンの息遣いが感じられる歌い方だと思いますので、早くライブで皆様にお届けしたいです!

シユン

シユン

次のページはてるとくんと真人くん。 歌の歌詞をお届けします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.