[Topic on NHK ‘Fake Busters’ appearance]医師が教える「怪しい医療・健康情報」にだまされない方法 | 驚くべき人体 | 写真 驚くべき人体ダイヤモンドオンライン

[Topic on NHK 'Fake Busters' appearance]医師が教える「怪しい医療・健康情報」にだまされない方法 | 驚くべき人体 | 写真 驚くべき人体ダイヤモンドオンライン

唾液はどこから来るの? 、目の動きを司る不思議な力、最大の死因、オナラは何からできているのか? 、「深層感覚」ってすごいな…。 人体の構造は美しく、よくできている。 外科医けいゆうとして、ブログ累計1000万PV突破、Twitter(外科医圭佑) 90,000人を超えるアカウントのフォロワーを持つ著者が、人体の知識、医学界の偉人たちの話、ウイルスや細菌の発見のエピソード、ワクチン開発のエピソード、現代医学にまつわる驚くべき常識などを紹介しています。 医学の奥深さを伝える「すごい人体」が刊行されました。 酒井武夫(解剖学者、順天堂大学教授)人体はまだまだ謎に満ちています。この本は、読者を人体と医療の世界に深く引き込み、魅力的な物語を提供します。」と絶賛されました。 今回は、「フェイクバスターズ」(NHK)への出演で話題を呼び、「素晴らしい人体」などの著書で「正確な医療・健康情報」を掲載している山本健人さんがわかりやすく執筆されました。方法。 特別に原稿をお届けいたします。

写真:アドビストック

医療情報はどこで入手できますか?

 講義でよく「医療情報を収集するとき、何を使っていますか?」と質問されます。 ご想像のとおり、ほとんどの人はインターネットで回答しています。

中学生、高校生でも結果は同じで、ほとんどがgoogleからスタート。

実際、総務省が実施したアンケート調査では、回答者の80%近くがインターネットを選択したと回答しています(1)。

一方、「信頼できる情報源はどれか」と質問を変えると、本や新聞などの紙媒体を挙げた人が多かった。 ネット上には怪しい情報があふれていると思っている人が多いからです。

この傾向は、紙メディアに慣れ親しんだ中高年層に限ったことではありません。 中高生に聞いてもほぼ同じ答え。

本は信頼できますか?

特に、私は本をとても信頼しています。 これはおそらく、私たちが幼い頃から読書の重要性を教えられてきたからでしょう。

確かに、本から得られる知識はたくさんありますし、読書が重要であることは間違いありません。 しかし、本は必ずしも医療情報を収集するための推奨される媒体ではありません。

なぜなら、書店や図書館に行くと、科学的根拠の少ない「健康法」や独自の「治療法」を勧める本が無数にあるからです。

「〇〇を食べたらガンが消えた」
「〇〇を治す秘伝の健康法」
「〇〇をこすると△△が防げる」

現実には、多くの患者がこの情報の海に翻弄されています。

物議を醸す新聞広告

科学的根拠の薄い医学書の新聞広告が問題になっています。

2019年11月、朝日新聞は「朝刊に掲載された図書広告について」と題し、公式サイトに一文を掲載した(2)。

とある本の新聞広告が専門家から次々と批判されているからだ。 記事で言及されている問題は次のとおりです。

イタリア人医師が勧める独自の「がん治療」を紹介する本の広告で、医師は「がんは真菌(カビの一種)が原因である」「重曹と真の抗酸化食である。多くのがんは自分で治すことができる」と主張し、新聞の広告にも同じ表現が使われていました。

しかし、彼はこの理論に基づいた高価な処置で何人かの患者を死に至らしめました。 地元メディアの報道によると、彼は 2006 年と 2018 年に 2 度服役し、すでにイタリアの医療界から追放されています。

忘れてはいけない現実

広告表現は広告主の責任です。 新聞報道と同じ信頼性を保証するものではありません。 もちろん、医学的に間違った情報を含む本が新聞に掲載されることもあります。

そんな当たり前の現実を改めて認識させられた事例でした。

本を使えば、表現の自由が守られた世界で、何でも発信できます。 科学的根拠が不十分だからといって、その普及を止めることはできません。 それも当然のことです。

Google の対策

しかし、インターネットはどうですか?

Google はこれまで、信頼できない医療や健康に関する情報の問題に対処するために、さまざまな対策を講じてきました。

2017 年 12 月、Google は「医療および健康関連の検索結果の改善」というタイトルのページを公開しました (3)。 検索アルゴリズムを大幅に変更し、科学的根拠の乏しい医療情報が検索結果に出にくくしました。

それ以来、絶え間ない更新が行われ、検索結果は何年にもわたって劇的に変化しました.

私はこの変化をしばらく注意深く見守ってきましたが、検索結果は 10 年前に想像していたよりも安全になっていると言えます。

間違った医療情報や健康情報が命を落とすこともあります。 命を守るためには、こうした「情報の伝達」が必要です。

ソーシャルメディアに氾濫する誤った医療情報

もちろん、ここで質問を単純化して、インターネットは本よりも安全だと言っているわけではありません。

科学的根拠に基づいたわかりやすい医学書や健康書が数多くある一方で、インターネットやSNSにはいまだに誤った医療情報が氾濫しています。

私も医学書は書く作家であり、本は重要なコミュニケーション手段です。

では、誤った情報から身を守るにはどうすればよいでしょうか。

医療情報を特定するためのヒント

重要なことは、出典が明示されているかどうかを判断することです。

信頼できる論文、学会などの専門家団体からの発信、ガイドラインなどを出典として示しています。 独自の理論だけに基づいてはいけません。 これらを確認し、複数の情報源を比較することが重要です。

また、学会ホームページでの情報収集をお勧めします。

あまり知られていませんが、多くの学会が公式ホームページに一般向けにわかりやすい情報集を掲載しています。 がんについては、国立がん研究センターの「がん情報サービス」がおすすめです。

私のサイトでは、信頼できる医療情報サイトへのリンクを掲載しています (https://keiyouwhite.com/guideline-for-patients)。

ぜひ参考にしていただきたいと思います。

探すのをやめることも大事

そして、これらの情報収集で問題が解決しない場合は、それ以上の検索をあきらめることも重要です。

自分で問題を解決しようとするのではなく、医療機関を受診して専門医による検査を受けていただきたいと思います。

【参考】

(1)https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc122310.html
(2)https://www.asahi.com/corporate/info/12878786
(3)https://developers.google.com/search/blog/2017/12/for-more-reliable-health-search?hl=ja

(※この原稿はダイヤモンドオンラインのために書きました。)

Leave a Reply

Your email address will not be published.