[Ubuntu weather][8th]デスクトップ環境とは? -PCウォッチ

[Ubuntu weather][8th]デスクトップ環境とは?  -PCウォッチ

Ubuntu を紹介する記事には、「Ubuntu は GNOME デスクトップ環境を採用しています」などの説明が含まれていることがよくあります。 では、デスクトップ環境である GNOME とは何でしょうか? また、GNOME 以外のデスクトップ環境はありますか? 今回はそんな話です。

「GNOME」は通常「gnome」と読みますが、デスクトップ環境の場合は「gnome」と読みます。 なぜそうなるのかはここでは説明しませんが、今回はこれだけ覚えておけば問題ありません。

使いやすいGUIとは?

非常にざっくりとした質問ですが、使いやすいGUIとは?

人は、絶対的な使いやすさ(難しさ)よりも、慣れた方が簡単だと思いがちです。 とはいえ、これは私の主観的な意見であり、そのような論文は読んだことがありません。

これが本当だとすれば、使いやすい GUI は使い慣れた GUI です。

世の中には数え切れないほどの GUI アプリケーションがあり、そのすべてを 1 つ 1 つ習得して操作を変えていくと、非常に使いづらくなってしまうでしょう。 逆に操作感がある程度統一されていれば、余計なことを覚えなくても使いやすいと感じるはずです。

ここで頭に浮かぶのは、Windows リボン インターフェイスです。 ジャンルの違うアプリでも統一された(≒親しみやすい)GUIがあれば使いやすいはずだという考えで作られたのだろうと思いますが、あまり使いやすいという話は聞いたことがありません。 ツールバーにたくさんのアイコンがあることに慣れているからでしょうか?

Windows 10 にインストールされているアプリケーションの一部は、リボン インターフェイスを採用しています。 Windows 11 は少し後退しているように見えるので、Windows 10 に切り替えました

ともあれ、今回はそんな話です。

オープンソース デスクトップ環境の出現

さて、話は20世紀にさかのぼります。 第1回でも触れたように、Linuxは1991年にリリースされました。その後、開発が進み、クライアントOSとして利用できるようになりました。 統一GUIで操作できる環境を整えたいという声もありました。

KDE はそこで開発を開始しました。 当時、CDE(Common Desktop Environment)と呼ばれる非オープンソース(独自)のデスクトップ環境があり、この「C」が「K」に変更されました。 このネーミングは、後に登場する多くの KDE 互換アプリケーションに影響を与えますが、本題ではありません。

統一された GUI を開発するには、GUI ライブラリがあると便利です。 この GUI ライブラリは、具体的には「ツールキット」または「ウィジェット ツールキット」と呼ばれます。

KDE は Qt と呼ばれるツールキットを使用していました。これは当時は無料でしたが、オープン ソースではありませんでした。 つまり、専有物でした。

オープン ソースではよくあることですが、プロプライエタリなツールキットを使用するのは法外なことだったので、人々はオープン ソース ツールキットを使用してデスクトップ環境を開発し始めました。 GNOME はそこで開発されました。

オープンソースのツールキットは特に GTK (GIMP ToolKit) です。 本来はその名の通りGIMP用に開発されたものですが、オリジナルの開発を破棄して「GTK+」として書き直しました。 しかし、近年この「+」が取り除かれ、正式名称は「GTK」となっています。 GTK と GTK+ の表記を混在させるとわかりにくくなるだけなので、ここでは「GTK」の表記を使用します。

KDE 1.0 は 1998 年 7 月 12 日に、GNOME 1.0 は 1999 年 3 月 3 日にリリースされました。

デスクトップ環境に必要なもの

デスクトップ環境には単なるツールキット以上のものが必要です。 ツールキットに加えて、ライブラリも必要です。 とはいえ、GTK はかなり用途が広く (より正確には、後で開発されたさまざまなライブラリが組み込まれています)、他の多くのライブラリを必要としません。

「デスクトップ環境」とは、具体的には「デスクトップシェル」と呼ばれるデスクトップを操作することを必要とします。 GNOME は GNOME Shell を使用しますが、別のものに変更できます。 つまり、GNOME シェルなしで GNOME を使用できます。

もちろん申請書も必要です。 それらの中で重要なアプリケーションは、ファイル マネージャーです。

Windows 3.1 について知っている読者は少ないかもしれませんが、Windows 3.1 では「ファイル マネージャー」と呼ばれるファイル マネージャーが使用されていました。 実は今でも使えます。 正直、エクスプローラーより使いにくいです。 おそらく、Windows 95 の人気が爆発的に高まったのでしょう。その理由の 1 つは、エクスプローラーの採用にあると思います。

GNOME のファイル マネージャは “Files” と呼ばれますが、以前は “Nautilus” と呼ばれていました。 「Nautilus」は、GNOME 1.0 ではなく、2001 年 4 月にリリースされた GNOME 1.4 で追加されました。 それ以前は、GNOME Midnight Commander というファイル マネージャーを使用していました。 当時のLinux雑誌で調べたところ、GNOMEで使えるようにしたのはMidnight Commanderというファイラーでした。 やはりGNOME専用に開発された「Nautilus」の方が使いやすく、ゼロから開発した分だけ拡張も容易でした。

GNOME 1.4 で動作する GNOME Midnight Commander

偶然なのか歴史の必然なのかはわかりませんが、他のデスクトップ環境もファイルマネージャーに力を入れています。 それらのいくつかは、ファイルマネージャーの開発から始まりました。

デスクトップ環境による統一性

では、デスクトップ環境を使うことでどのような一体感が得られるのでしょうか。

今回はGNOMEに焦点を当て、その一部を紹介します。 もちろん、他のすべてのデスクトップ環境がこれらの機能を実装しているわけではありません。

ヘッダーバー

ツールキットやその他のライブラリを用意するだけで、GUI の統一感を実現できるかと言われれば、決してそうではありません。 その答えとして、GNOME は HIG (Human Interface Guidelines) というドキュメントを公開しています。

現在のHIGに合わせて開発されたアプリケーションを見ると、デザインに統一感があります。

ヘッダー バーを使用する一部のアプリケーション

はい、タイトル バーとツールバーが統合されています。 メニュー アイコンも少なくなり、右側には常にハンバーガー メニューが表示されます。 このバーはヘッダーバーと呼ばれます。

リボンインターフェースと同様に、さまざまなジャンルのアプリケーションは同じデザインですが、すべてのハンバーガーメニューを開く必要があるのは面倒だと感じることがよくあります。

オンラインアカウント

オンラインアカウントについては第6回で紹介したので割愛しますが、設定ツールでアカウントを登録すると情報が保存され、「ファイル」などにショートカットが自動で追加されます。 )。 この統一された (というか透過的な) 動作は、デスクトップ環境によっても提供されます。

暗いテーマ

「設定」の「外観」で「ダーク」を選択すると、ダークテーマが適用されます。 実際の作業を行うのは個々のアプリケーションまたはツールキットですが、ワンクリック構成はデスクトップ環境から行われます。

ワンクリックでダークテーマに変更でき、瞬時に反映されます

デスクトップ環境とアプリケーション

これまで見てきたように、デスクトップ環境 (の開発プロジェクト) もアプリケーションを開発します。 これは、A デスクトップ環境用に開発された B アプリケーションを C デスクトップ環境で使用したい場合があることを意味します。

これは技術的に可能ですが、推奨されません。 これは、単一のアプリケーションをインストールするには、無数の依存パッケージをインストールする必要があるためです。

単一のパッケージをインストールするには、無数のパッケージをインストールする必要があります

そこで、昔は混ぜないと危ないと言われていましたが、今は第4回で紹介したように万能包装のシステムがあります。 具体的にはスナップ包装を使うべきです。

実際、私は Ubuntu 22.04 LTS の GNOME で Okular を使用して、購読している DOS/V POWER REPORT などの PDF を読んでいます。 正確には、snap パッケージの代わりに Flatpak パッケージがインストールされており、バージョン アップグレードが比較的迅速に行われるので便利です。

Okular で DOS/V POWER REPORT の PDF を開く

今回ご紹介した商品の現状

昔話に登場する様々なソフトの現状を紹介しよう。

ノーム

それ以来、GNOME はリリース ポリシーを毎年 3 月と 9 月にリリースするように変更しました。 Ubuntu の毎年 4 月と 10 月のリリースは、この影響を受けています。

バージョン 2 から 3 に移行する際にさまざまな変更が加えられ、その頃に MATE デスクトップ環境や Cinnamon デスクトップ環境などの派生バージョンがリリースされました。

GTK

現在は主に4シリーズが開発されており、10月にリリースされるUbuntu 22.10では、4をベースにした一部のアプリケーションが採用されることが決まっています。

Nautilus→ファイル

Nautilus は、もともと Easel という会社によって開発されました。 塩田真司のLinuxWorld Conference & Expo会場レポートの最後に、貴重なスクリーンショットが残されていましたので、ぜひご覧ください。

ドットコムバブルの崩壊によりイーゼルは倒産しましたが、社名変更など様々な変遷を経て現在に至っています。

どこ

現在、KDE ​​デスクトップ環境はリリースされておらず、フレームワーク KDE フレームワーク、デスクトップ シェル KDE Plasma、およびアプリケーション KDE Gear の 3 つの部分でリリースされています。 これら 3 つを組み合わせて、デスクトップ環境を形成します。

Qt

その後、Qt はオープン ソース ライセンスの下でも利用できるようになりました。 開発主体(会社)は様々な変遷を経て、現在のQtカンパニーです。

マルチプラットフォーム機能は開発当初から一貫しており、Qtをベースに様々なアプリケーションが開発されています。 注目すべきものには、VirtualBox、VLC、および WPS Office が含まれます。 どちらも Windows と Ubuntu の両方で動作します。

GIMP

GTK と GIMP はかなり早い段階で完全に分離されており、GTK バージョン 4 はアップしていますが、GIMP はまだ GTK バージョン 2 を使用しています。

CDE

誤解しないでほしいのですが、CDE の重要性は、商用 UNIX の衰退とオープン ソース デスクトップ環境の開発によって低下しました。 Solaris が GNOME を採用してから長い時間が経ちました。 現在はオープンソースで公開されているので、使いたければ使えますが、全くお勧めしません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.